« 2011年9月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年1月

2012年1月24日 (火)

2012年3月例会

3月例会は、新劇の三大劇団の一つ民藝公演です。

静かな落日―広津家三代

0001

作/吉永仁郎  演出/高橋清祐

 

出演/伊藤孝雄、樫山文枝、

    安田正利、水谷貞雄、小杉勇二、ほか

 

ものがたり/かつて社会の暗部をえぐった小説で一世をふうびした

    

    徹底的にじぶんの弱さを見つめ、

    やがて「松川裁判」に正面からとりくんだ

    広津和郎

    父と娘の関係を悩みながらも作家への道を歩んだ

    広津桃子

    「明治・大正から激動の昭和にかけて、

    広津家三代のおがしな家族の近景が

    ユーモラスに描かれます。

    祖父と父と娘とのきずな、

    志賀直哉や宇野浩二らの友情をとおして、

    ひとが時代と真実にむかっていく姿勢が、

    凛としてうがびあがります……

 

会場・日程

  高知県民文化ホール・オレンジ

   3月29日(木)18:30~

      30日(金)12:30~

      31日(土)13:30~

  須崎市民文化会館

   4月 1日(日)14:30~

 

高知市民劇場では

地元で一緒にお芝居を楽しむ人を

募集中です。

詳しくは、事務局へお問い合わせください。

電話 088-823-2715

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

2012年1月例会

2012年最初の例会は

テアトル・エコー公演『フレディ』です♪

4

作/ロベール・トマ  訳・演出/上原一子

出演/安原義人 田村三郎 川本克彦 山下啓介 

         後藤敦 瀬下和久

    きっかわ佳代 杉村理加 さとう優衣 ほか

 

あらすじ/天才クラウン・フレディ率いるサーカス一座。

      かつての人気も今は昔、

      時代の流れとともに客は減るばかり。

      金策に走るフレディだが、

      訪ねたパトロンが何者かに殺され、

      殺人犯の疑いをかけられてしまう。

      このピンチに起死回生の

      大博打に出るフレディ一座。

      彼らの行く先は、死刑台への階段か、

      成功への階段か、それとも---

 

笑いとサスペンスが特徴のロベール・トマ作の

サーカスを舞台した『フレディ』を

喜劇専門劇団のテアトル・エコーが届けます。

 

1月例会にぴったりの演目です。

今、会員の皆さんはお観逃しないように!

今、会員でない人はぜひこの作品から会員に!

 

みんなでお芝居を楽しみましょう♪

高知市民劇場についてのお問い合わせは

電話 088-823-2715

メール ksg@sun.inforyoma.or.jp で伺います。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年5月 »