« 2011年9月例会 | トップページ | 2012年1月例会 »

2011年9月27日 (火)

2011年11月例会

高知市民劇場の今年ラストの例会は

殿様と私』です。

0001

作/マキノノゾミ   演出/西川信廣

出演/加藤武・たかお鷹・沢田冬樹・城全能成・星智也

     寺田路恵・富沢亜古・松山愛佳

 

【あらすじ】

1886年(明治19年)、東京・麻布鳥居坂の白河義晃子爵邸。当主の白河義晃は急速に西洋化する日本になじめず、酒浸りの日々を送っていた。

ある日、外務卿・井上馨の書生と白河家の家令雛田源右衛門の間に一悶着が起きた。雛田は時代遅れのちょん髷をからかわれたばかりか、因循姑息な白河子爵は華族の資格なしと罵倒されたのである。それを聞いた義晃は怒り心頭に発し、これまた時代遅れの討ち入りを決意。

0002

しかし、《白河家を守るには鹿鳴館に乗り込み、見事なダンスを披露して和魂洋才の手本を示すこと》という息子義知の提言に、お家のためならやむを得ずと渋々承知の義晃。米国人のアンナ・カートライト夫人を指南役に、義晃のダンス修行が始った。

さて、その成果は・・・。

 

【日程 ・ 会場】

11/24(木)13:30 ・ 県民文化ホール・オレンジ

11/24(木)18:30 ・ 県民文化ホール・オレンジ

11/25(金)12:30 ・ 県民文化ホール・オレンジ

11/27(日)18:30 ・ 須崎市民文化会館 

 

【会員募集中note

高知市民劇場は、会員制・サークル制の演劇鑑賞会です。

私たちと一緒に年6本のステキなお芝居を観ませんか?

詳しくは事務局にお問い合せください。

telephone088-823-2715

           お待ちしていますheart04happy01

 

 

『殿様と私』は・・・

昨年の解散公演(高知市民劇場2010年7月例会『さらば八月のうた』)まで劇団M.O.P.を主宰し、劇作家としてばかりでなく演出家としても大活躍中のマキノノゾミの新作に文学座が初めて取り組んだ作品です。

  
往年の名作「王様と私」をベースに日本の明治時代、西洋化が急速に進む東京でいまだ封建的な文化に固執する子爵とアメリカ人女性アンナとの交流を軸に、日本の夜明けをコメディタッチで再現し好評を得たこの作品。その原点は、ニューヨークで不朽の名作『王様と私』に接した時に抱いた、「タイ人である王様が自由に英語を操る」アジア人としての不快感だった(マキノさん談)そうです。
 

日本の夜明けを見事に活写し、「極めて質の高いエンターティンメント作品」(読売新聞劇評)との評て、読売演劇大賞・作品賞、優秀男優賞(たかお鷹)、芸術祭大賞(たかお鷹・演劇部門)受賞と社会的にも高い評価を得た『殿様と私』初演の舞台裏にはそんな熱い気持ちも隠されています。
 

若手とベテラン、8人の出演者それぞれの個性がいかんなく発揮される豊かな競演も楽しみな今回の再演。舞台の密度は更に高まり、「極上のエンターティンメント」が皆様に笑いと元気をお届けします。乞うご期待!!

 

|

« 2011年9月例会 | トップページ | 2012年1月例会 »

②例会作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466677/42066322

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年11月例会:

« 2011年9月例会 | トップページ | 2012年1月例会 »