« M.O.P.ドキュメンタリー | トップページ | 2011年3月例会 »

2010年11月16日 (火)

新・裸の大将放浪記

ようこそnote高知市民劇場のブログへ。

いま、市民劇場へ入会すると『新・裸の大将放浪記』をご覧いただけます。

 

出演

芦屋小雁・おりも政夫・島田順司・西崎緑・米倉斉加年・ほか

高知初登場の方がたくさんsign01

Photo_2

あらすじ

 太平洋戦争下、山下清は放浪の旅に出る。

 とある田舎町の駅で清は、盲目の少女と出逢う。

そして少女の勤め先、南田夫婦の営む軍国食堂で清はしばらく働くことになった。

 放浪の旅に出る前の清は、八幡学園という養護施設にいた。

八幡学園では、陶工や木工などを学習していた。

清はその中でも、絵に興味を示し、驚くべき才能を発揮していた。

突然姿を消してしまった清を心配した園長の馬宮先生は、清をようやく探しあて迎えにやって来た。

清は徴兵検査を受けなくてはならなかったのである。

 しかし清は見事に検査を落第する。

 そして清は絵の世界に没頭する。

 戦後、山下清は有名な画家になった。

放浪の旅は終わっていた。

「放浪の天才画家」「日本のゴッホ」そんな敬称が放浪の旅を愛した山下清には、随分重たいものだった。

 いつも純粋に真実を見据えた山下清画伯の心には、どんな想いが渦巻いていたのか。

 そして旅の終わりにあったものとは・・・。

会場/日程

高知市文化プラザ・かるぽーと

 ・12月2日(木)18:45~

 ・    3日(金)12:30~

 ・    4日(土)13:30~

須崎市民文化会館

 ・12月5日(日)18:30~

あなたの入会をお待ちしていますnote

市民劇場について、例会についてなどなどは、

事務局へお問い合わせください。telephone088-823-2715

|

« M.O.P.ドキュメンタリー | トップページ | 2011年3月例会 »

②例会作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466677/37691977

この記事へのトラックバック一覧です: 新・裸の大将放浪記:

« M.O.P.ドキュメンタリー | トップページ | 2011年3月例会 »