« 09年11月例会 | トップページ | 2010年3月例会 »

2009年12月19日 (土)

2010年1月例会

2010年最初の例会は

劇作家・斎藤憐さんの代表作『グレイクリスマス』です。Glay_xmas00063

 

― あらすじ ―

1945年、敗戦。この年のクリスマスから物語は始まる。

伯爵五條紀明は母屋をGHQに接収され、一家は離れに移ることになった。爵位を失っても殿様気分が抜けない紀明。進駐軍の影におびえる第の紀孝。自虐的な行為をくりかえす長兄の紘一と戦犯となった婚約者を案ずる娘雅子。召使たちも敗戦を認めようとしない。実業家の三橋や得体の知れない権堂らが加わり、かじを失って右往左往する支配階級の姿が群像となって浮かびあがってくる。

後妻の華子は義妹慶子とともに進駐軍将校のサロン化した五條邸のホステスになって一家を支えることを決意する。

やがて日系アメリカ人将校のジョージ・イトウがあらわれる。彼は民政局の方針に強い共感を覚え、日本をピープルのための国家にと熱く語りはじめる。華子はそんなショージに徐々にひかれていく。しかし、民政局と対立する情報局の意向が強く反影することになり、ジョージはGHQ内部抗争のはて、ある決意をする。彼に心をよせていた華子は思いをこめてオルゴールを贈る━━

敗戦から激動の5年間を照射させ、民主主義、人間の尊厳、日木国憲法の精神を問う。

舞台写真
公演ちらしより

― 出演 ―

三田和代、長浜奈津子、米倉紀之子、若井なおみ、藤崎あかね、

神山 寛、小笠原良知、児玉泰次、森 一、石田圭祐、

清水明彦、藤川三郎、斉藤 淳、細貝光司、齊藤隆介、

小田伸泰、藤側宏大、野々山貴之

 

― 日程 ―

2010年 1月19日(火)13:30~/県民文化ホール・オレンジ

        20日(水)12:30~/       〃

        21日(木)18:45~/       〃

        22日(金)18:30~/須崎市民文化会館

 

― 観劇するには ―

市民劇場の会員になる必要があります。

高知市民劇場は会員を募集中ですnote

詳しくはこちらをご覧ください⇒「高知市民劇場とは

分からないことなどはお気軽に事務局にtelephoneください。

℡ 088(823)2715

 

 

 

|

« 09年11月例会 | トップページ | 2010年3月例会 »

②例会作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466677/32733647

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年1月例会:

« 09年11月例会 | トップページ | 2010年3月例会 »