« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年9月

2009年9月24日 (木)

09年11月例会

11月例会は、文学座公演

『ゆれる車の音~九州テキ屋旅日記~ですhappy01

Photo_2

◎作/中島 淳彦

◎演出/鵜山 仁

◎出演/角野卓造、たかお鷹、田村勝彦、

  塩田朋子、栗田桃子、鵜澤秀行、他

 

◎あらすじ/

その昔マグロ景気に湧いた宮崎・油津でタカマチ(テキ屋)を仕切っていた金丸一家。町は賑わい羽振り良く暮らしていたが、終戦の混乱期、愚連隊にショバを荒らされ町を終われる羽目に……。

町を追われた金丸一家の組長・金丸重蔵(角野)は妻・敏子(塩田)と娘・真弓(栗田)だけを引き連れ細々と露天商をしながら暮らしていたが、敏子に尻を叩かれ、20年ぶりに油津へと帰って来る。

決死の覚悟で乗り込んだ故郷……。乙姫神社の境内には細々と屋台が並び、祭りとは名ばかりのさびれきった縁日。しかし重蔵が帰ってきたことが愚連隊の親玉・上原丈太郎(たかお鷹)の耳に入るや、頭に血の昇った丈太郎は仲間に声を掛け乙姫神社に駆けつける――

こうして、すっかりさびれてほとんど価値のない、思い出ばかりのショバをめぐる、おかしくて切ない、奇妙な戦争が始まるのだった……。

戦後の混乱を必死で乗り越え、何とかそこそこの幸せを掴んだつもりの男達。美しいのは思い出ばかり、がむしゃらだけが取り柄で生きるのは不器用、夢も希望もしぼみかけ、若者には突き上げられ、友達付き合いはうまく行かず……七転八倒中年親父の青春物語、笑いと涙の幕が開きます。

 

◎日程・会場/

11月24日(火)18:30~・須崎市民文化会館

    26日(木)19:00~・高知県民文化ホール

    27日(金)12:30~・     〃

    28日(土)13:30~・     〃

 

◎観劇するには/

市民劇場の会員になる必要があります。

詳しくはこちらをポチッ⇒「高知市民劇場とは

会員の皆さんは、観逃さないようにsign01

※例会情報など、「会員の皆さんへ」でも紹介していますので、一度のぞいてみてくださいhappy01

会員でない方は、入会をお待ちしていますsign03

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年12月 »