« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月 9日 (木)

09年9月例会

9月例会は、俳優座劇場プロデュース公演

音楽劇『サマーハウスの夢』ですheart04Photo

作・作詞/アラン・エイクボーン

作曲/ジョン・パティソン

翻訳/出戸 一幸

演出・訳詞/宮崎 真子

音楽監督/後藤 浩明

Photo_2

出演/鈴木ほのか、米谷毅彦、畠中洋、山田里奈、

     加藤忍、大原康裕、石波義人、執行佐智子

演奏/キーボード:後藤浩明、バイオリン:岡部麿知

 

~ものがたり~

夏、ハクスタブル家。 

長女アマンダ(加藤)は画家のロバート(畠中)と離婚し、新しい夫シンクレア(大原)と新婚旅行中。アマンダの両親(石波・執行)に気に入られているロバートは、絵の仕事のためにと屋敷の裏庭にある小さな小屋(サマーハウス)に住み、絵本「美女と野獣」の挿絵を描いていた。

そんなある日、アマンダとシンクレアが突然のトラブルで旅行先から帰ってくることに…。

ロバート、アマンダ、そしてロバートのことを密かに想うアマンダの妹メル(山田)。

それぞれの想いが交錯するサマーハウスに一人の美女が現れる。

 『美女と野獣』の絵から出てきたベル(鈴木)。しかし物語の世界では人々はみな歌って会話するため、ベルには<ことば>が通じない。

ロバートとベルは恋に落ちるが、わがままなアマンダはこの事態が気に入らない。すると『美女と野獣』の絵から大男(米谷)が現れて、アマンダを絵の中へさらっていってしまった!

日常の中にある隠されたおかしさを描くことにかけては比類ない力を持つアラン・エイクボーン。

名作『美女と野獣』を下敷きに現実と物語の世界を交錯させ、歌うことで会話を成立させるという異色の作品です。

夢と華やかさのある舞台をお届けいたします。

 

日程/会場

9月10日(木)6:45~/県民文化ホール・オレンジ

   11日(金)・12日(土)1:30~/  〃

   13日(日)6:30~/須崎市民文化会館

 

高知市民劇場では、会員を募集していますnotes

「もう少し市民劇場について知りたい」という方はこちらをご覧ください。

「事務局はどこにあるの?」という方はこちらをご覧ください。

 

「もっと詳しく市民劇場について知りたい」という方は、事務局へ直接ご連絡ください。

telephone 088-823-2715

mail ksg@sun.inforyoma.or.jp

連絡・入会をお待ちしておりますhappy01

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »